大人にきび 便秘

大人にきびの原因の1つに「便秘」があります。
“便秘”と”大人にきび”、一見関係無さそうに見えるのですが、なぜ関係しているのでしょうか?

 

 

便秘によって活性酵素と悪玉菌が増えてしまう

 

 

これが便秘が大人にきびに関係している理由です。
以下ではなぜ活性酵素と悪玉菌が大人にきびを増やすのか詳しく書いてみたいと思います。

活性酵素

活性酸素の”活性”という言葉だけ聞くと良いもののように見えるのですが、実は違うようです。

活性酵素は本来、身体に入ったウィルスを攻撃したりして身体を守る役割をしています。
しかし、非常に毒性の強いものなので、増えすぎると身体を酸化させ、ガンや動脈硬化を引き起こしてしまう場合もあります

ニキビとは関係ないかもしれませんが、活性酵素が増えすぎると身体の新陳代謝を落としてしまい、肌のターンオーバーを遅らせます。
「ターンオーバーが遅れる = 毛穴が詰まりやすくなる」ので大人にきびができやすい肌になるという仕組みです。

 

一時的な便秘であれば、肌の調子をずっと悪くすることはないのですが、慢性的に続いてしまうと肌を老化させ、毛穴をつまらせてしまいやすくなるのです。

 

悪玉菌

体内には善玉菌と悪玉菌が両方がバランス良く存在しています。
便秘になってしまうと腸内のサイクルが乱れてしまい、悪玉菌が急激に増えてしまいます。
悪玉菌が増えてしまうと毒素を大量に出してしまいます。

毒素が腸内に蓄積されてしまうと、体に有害物質が吸収されてしまい、体中に毒素が回ってしまうのです。

 

「身体に増えた毒素を綺麗にするために活性酵素が増える」という流れで大人にきびができやすい肌に鳴ってしまうのです。

対策はどうすればいいの?

大人にきび 乳酸菌

先程書いたように便秘によって増える毒素は、肌に悪いだけでなく、ガンや動脈硬化などの原因になるとも言われています。
だから大人ニキビ対策においても必ず対策すべきものの一つです。

一番簡単な対策は水を飲むこと。
特に朝起きて「水」をコップ一杯飲む。
これだけで腸の調子が変わってきます。

なぜなら睡眠中に失われた水分を補給し、腸に刺激を与えることで脳から腸に便意を感じる働きが促されるからです。

 

他には腸の蠕動運動を促す運動をしたり、レタス、キャベツ、ごぼうなどの食物繊維をとるように小ことがけることや、腸を動かす運動をしたりすることも便秘対策には効果があると言われています。

便秘対策は体をきれいに、そして健康に保つためには絶対にするべき対策です。
大人ニキビはもちろんのこと体全体の美容のためにも必ず行うようにしましょう!