睡眠不足が大人にきびの原因になる理由

栄養の偏りや肌の乾燥、脂性肌など様々な原因が理由で大人にきびができてしまいます。
その中の理由の1つに「睡眠」も大きく作用しているのです。

 

体を休めること以外にも睡眠の役割に体中へ栄養を運ぶという役割も持っています。

 

睡眠不足によって起きている時間が長くなると、肝臓や腎臓に負担がかけてしまい、睡眠中にはその部分へ栄養が優先されます。
となると美肌の為に重要な肌への肌が生まれ変わるために必要な栄養も少なくなります。
そうなると古い角質が残ったままとなり、それが毛穴の皮脂つまりを引き起こし、大人にきびができやすい肌になってしまうのです。

また、睡眠不足になると便秘気味になってしまいこれもまた肌に悪影響となるのです。

 

睡眠不足はお肌への影響だけでなく、うつ病、高血圧、糖尿病などの病気へもつながるので、体のことを考えても睡眠は私たちにとって大事な要素です。

どれくらい寝ればいいの?

ではどれくらいの睡眠が体や肌にとって必要なのでしょうか?

それは一般的には7時間から8時間と言われています。
睡眠であればいつでもいいというわけでもなく、特に「加齢による大人にきび」でも書いた午後10時から翌朝午前2時までのゴールデンタイムの時間に睡眠をとることが大事です。

なぜならこの時間に新たな肌が作られるからです。

 

さらに規則正しい時間に睡眠をとるということも大事です。
規則正しく睡眠をとらないと体内時計が狂い、免疫力の低下を引き起こし肌の調子を悪くさせる原因にもなります。

規則正しい生活をするのは難しいことではありますが、
肌のことを考えてあげてできる限り規則正しい時間にそしてゴールデンタイムには睡眠を採れるように心がけましょう!
※彼とのデートで遅くなるというのであれば、ホルモンが出て肌にいい影響を与えるのでたまにはOK♪

睡眠は体のためにもお肌のためにも必要不可欠です。
しっかりと睡眠をとることで肌も綺麗になりますし、便通が良くなる、代謝増進による太りにくい体質になるなどの効果があると言われています。

しっかりと睡眠をとってきれいな女性を目指しましょう!