口周り 大人にきび

大人にきびの典型的な場所が口周り!
目立ってしまうし、なにかと嫌な大人にきびの1つです。
どのように注意して対策するのが良いのでしょうか?

調べてみたところ以下の3つのポイントがありました。

  1. 洗顔料選びに気を遣う
  2. 化粧水での保湿を心がけ、クリームなどの油分は少な目に
  3. ビタミンC入りの基礎化粧品でしっかりケア

以下ではそれぞれを詳しく書いていきたいと思います。

洗顔料選びに気を遣う

口周りに大人にきびができやすい理由の1つに「乾燥」があります。
乾燥してしまう主な理由の1つが洗浄力の強すぎる洗顔料です。

 

洗顔料によっては汚れを落とす界面活性剤が大量に配合されています。
洗浄力が強くなりすぎることで肌の防御機能まで奪い、肌にとって必要な皮脂までも洗い流されてしまうのです。

そうならないために大事なのが洗浄力の強すぎない洗顔料を選ぶことです。
感覚的には洗顔後につっぱらないような洗顔料を使ったり、公式サイトなどで天然由来の成分を使用し、適度な洗浄力に調整指定あるものを選ぶのが良いかと思います。

化粧水での保湿を心がけ、クリームなどの油分は少な目に

大人にきび 保湿

次に大事なのが保湿です。
洗顔料の部分で書いたのですが、洗顔によって必要な皮脂、水分まで流されてしまうことも多くなっています。

必要な皮脂や水分まで流されてしまっていると、それを補うために皮脂を分泌しようとするので、その皮脂が大人にきびの原因となってしまいます。

 

それを防ぐために洗顔後にはしっかりと保湿することが重要です。
ただし、注意点はしっかりと化粧水で保湿してあげることで、クリームなどを使いすぎないことです。
また植物エキスなどが配合されているもの、お肌の炎症を抑えてくれるタイプの化粧品を選べば一石二鳥です。

クリームには油分が含まれているので、クリームに頼ってしまうと更に油が多く大人にきびを増やしてしまいます。

 

クリームではなく、化粧水でしっかりと保湿してあげて、薄くクリームでカバーして上げるくらいの意識で保湿してあげるのが良いようです。

ビタミンC入りの基礎化粧品でしっかりケア

大人にきび ビタミンC

ビタミンCは万能な美容成分ですが、特ににきびに効果が高く医療機関等でもローションが出されるほど。
過剰な皮脂分泌を抑えてくれる効果のうえに、にきび菌にも作用してくれます。
さらにシミになりやすい大人にきびには美白効果も高いので、ぴったりの美容成分と言えるでしょう。

しかし、ビタミンCはそのままでは肌の内部まで届きにくいという弱点があります。
し最新技術を利用して肌の内部まで届きやすいようになったビタミンC入り化粧品も増えていますので、そのようなビタミンC配合化粧品を使用してあげると良いかと思います。