大人にきび スキンケア

大人にきびを治すというのも大事。
しかし、それよりも大事なのがやはり大人にきびができない強い肌を作って、そもそもできないようにするのが1番です。

では大人にきびができない肌を作るにはどうするのが良いのでしょうか?
最初に大人にきびができない強い肌を作るための3つのポイントをご紹介すると以下のようになります。

  1. 優しく洗顔する
  2. しっかり保湿してあげる
  3. 古い角質を除去してターンオーバーを整える

こちらのページでは上記のポイントについて詳しく解説していきます。

優しく洗顔する

大人にきび 洗顔

日常でも洗顔をしっかりしているかと思いますが、大人にきびでも当然洗顔は大事なポイントです。

 

洗顔で大事になってくるのが
「洗浄力が強すぎない洗顔料でしっかりと洗い流してあげる」
ことです。

 

洗顔というとしっかり洗い流してあげたらいいんでしょ?と思うかもしれません。
しかし、洗浄力が強すぎる洗顔料を使うと大人にきびの原因になってしまいます。

 

理由は肌にとって必要な皮脂まで洗い流してしまうからです。

 

肌にとって必要な皮脂まで洗い流してしまうと、肌はその皮脂を補うために皮脂を出します。
それが常になってしまうと肌にとって必要以上に皮脂を出してしまいそれが大人にきびの原因になってしまうのです。

思春期のにきびと違い、殺菌効果が高く、本来のバリア機能まで取り除いてしまうような強い洗浄料は逆効果。
また洗顔料が強すぎると肌の乾燥につながり敏感肌にもつながってしまいます。

だから洗顔料は洗浄力が強すぎない洗顔料を選んで上げるのが重要なポイントになります。

 

また洗顔した後の洗い流しがが不充分もよくありません。
残った洗顔料が残ってしまいそれがニキビ菌の栄養となって大人にきびを促進してしまうからです。

しっかりと無駄な皮脂だけを落とせる洗顔料を使用し、しっかりと洗い流してあげるのが大人にきびができない強い肌を作るのに大事なポイントになります。

しっかり保湿してあげる

にきび肌は皮脂が多いので潤っていると思われがちですが、大人のにきび肌は水分不足が原因で皮脂分泌が活発になっています。

ですから、水分をたっぷり与えしっかり保湿するのが重要なポイントです。
保湿をしっかりすると肌のバリア機能が高まり、肌トラブルに強くなります。

この時、油分ではなく水分をたっぷり与えるのがポイントです。
化粧水やゲルクリームのような保湿剤を使用し、水分をたっぷり含んだみずみずしい肌を目指しましょう。
化粧水の後は、油分が少な目の乳液などを控えめに使用し、せっかく補った水分に蓋をしてしまいましょう。

古い角質を除去しターンオーバーを促す

大人にきび スキンケア

大人にきびができる原因には古い角質も影響しています。

ターンオーバーが乱れるのが原因で起きているのですが、古い角質が残って厚くなっている場所に皮脂が詰まって大人にきびができる原因となります。
古い角質を除去して上げるのが大人にきびをつくらない強い肌を作るための重要なポイントの1つです。

 

古い角質を除去するのに一般的な方法が「ピーリング」。
美容外科でのケミカルピーリングなどもあって余裕があるならしてあげるのも良いかと思います。

しかし、そこまでお金を賭けられない場合もあるでしょう。

日頃のケアで取り入れられるのであればピーリング効果のあるコスメを使用するのもおすすめです。
といってもピーリング化粧品は数あるのですが、強すぎると逆に肌を痛める可能性もあります。

そうならないために、適度なピーリング効果のあり、できればニキビ肌用に作られたものを使うとよいかと思います。
例えばこちら。

 

【ニキビ跡用化粧品】ホワイトヴァージンピール

 

これ以外にもニキビケア用に作られたピーリング化粧品もありますので、他を試してみても良いでしょう。
とりあえず、古い角質を落として肌のターンオーバーを整えるのは大人にきびができない肌のためには重要なポイントです。

大人にきびができない強い肌を作る3つのポイント まとめ

大人にきびができない肌を作るために大事なのは、日頃のスキンケアです。
できるだけきれいな状態で肌を保ち、常に健康的な肌を作る。

すごく単純なことですが、改めてできているか?を確認してみると良いかもしれません。
改善するためには上記で書いた、

 

  1. 優しく洗顔する
  2. しっかり保湿してあげる
  3. 古い角質を除去してターンオーバーを整える

 

が大事になってきますので、日々のケアを見直して、改善できるところは改善していきましょう!