ビタミンC ビタミンC誘導体の違い

化粧品を見ていると「ビタミンC配合」と書かれていたり、「ビタミンC誘導体」と書かれていたりするのを見たことがないですか?
この2つは名前を見るとすごくそっくりで同じように見えるのですが、どういった違いがあるのでしょうか?

違いを調べてみるとこうなっていました。

 

 

ビタミンCは不安定で吸収されにくいので、浸透しやすいように合成したものがビタミンC誘導体

 

具体的にはどのように違うのか?
詳しく書いていきたいと思います。

ビタミンCの欠点

なぜビタミンCではなく、ビタミンC誘導体を配合しているのか?というと、ビタミンCには肌に吸収されにくいデメリットがあったからです。

また、ビタミンCそのまま使用すると、ピリピリとした刺激があるので、敏感肌では使えず肌質も限られてしまいました。
またビタミンCが酸化しやすく化粧品に配合するのは合理的ではありませんでした。
そこで吸収しやすくしたビタミン誘導体が開発され、化粧品に配合できる万能美容成分としてたくさんの化粧品に配合されるように流れとなっていました。

ビタミンC誘導体にも種類が

ビタミンC誘導体には、

  1. “水溶性”ビタミンC誘導体
  2. “油溶性”ビタミンC誘導体

の2つがあり、油溶性ビタミンCは肌の表面に長くとどまることができますが、かえってにきびを悪化させることがあるので注意して使用することが必要です。

 

ビタミンCが浸透しないので誘導体という形で配合されています。
しかし、ビタミンC誘導体に含まれるビタミンCそのものは意外と少ない1/150程で、浸透性が高いと思われているものの浸透性もそれほど高くはないようです。

ビタミンC選びで重要なポイント

ビタミンCの効果は浸透力が重要

 

ビタミンを浸透させることに成功したビタミンC誘導体は、当時は素晴らしい技術として取り上げられました。
しかし、さいkンではビタミンC誘導体は濃度が低いうえ科学的根拠がないという結果となっています。

合成されていないピュアビタミンCを肌に吸収できる技術があればより効果的なはず。
それを可能にした最新テクノロジーがあります。
特許を取得しているこのテクノロジーで、一気に肌の真皮層までピュアビタミンCを届けることができるようになっています。

このように、同じ美容成分でも成分の形と浸透力でかなりの差が出てくるのです。

高濃度というだけでもだめで、浸透力がなければ角質など表面上のトラブルなどには効果があるかもしれませんが、肌を作る真皮層までの浸透力はないので根本からのケアとまではいかないようです。