[生理前のホルモン] ブログ村キーワード
大人にきび 生理前

生理前になると大人ニキビができやすいと感じることが多いかもしれません。
なぜ生理前になると大人にきびができやすいのでしょうか?

 

生理前はホルモンバランスが変わるため大人にきびができやすい

 

生理前になると、ホルモンバランスが変わってしまうのが大人にきびができやすくなってしまう原因です。
どのようにホルモンバランスが崩れるのか、なぜそれが大人ニキビにつながるのか書いていきたいと思います。

生理前には黄体ホルモンが増える

生理前になると黄体ホルモンが増えるのが大人にきびができる原因になっています。

排卵後の2週間、生理前には男性ホルモンと似ている黄体ホルモンの分泌が盛んになります。
黄体ホルモンは皮脂分泌を活発にする役割を持っていて、それが過剰な皮脂分泌につながって大人にきびを増やす理由となっています。

 

また女性の生理周期が平均周期の28日となっていて、治りきる前にまたニキビが出来るという悪循環に陥ってしまうのです。

 

さらに生理前に出来る大人ニキビは赤く炎症を起こしたものが多いのも特徴です。

炎症しているので痛みがあるので、ついつい触ってしまいがちになります。
触ってしまう人が多く、触って菌が増やしやすいものも生理前に大人にきびが増えやすい原因となってます。

 

ではどのように生理前の大人ニキビ対策をすればよいのでしょうか?

生理前ニキビの対策

上でも書いたように生理前は皮脂分泌が多くなってしまいます。
そのために大事なのは油分を与えすぎないこと。
クリームなどは控えめに使用するのが良いようです。

 

生理前は、普段よりも特に皮脂分泌が盛んになっていますので、普段よりも丁寧な洗顔を心がけて無駄な皮脂を落としてあげることが大事です。

その後は、とにかく保湿を心がけて油分の多いメイクや食事はなるべく控えることが大切です。
日中どうしても皮脂が気になるようなら、脂取り紙などを適度に用いるのも良いでしょう。

 

さらに生理前はお肌が敏感肌に傾いている場合が多くなり、ニキビが出来ているとその傾向はより強くなります。
なので刺激の強い化粧品やマッサージなどは避けたほうが良いです。

また体の内側からはビタミンB群などを普段より多めに摂取すると、より良いみたいです。
ビタミンB群は皮膚の代謝などにも良い影響を与えてくれるので美肌効果も期待できます。

体の外側からもニキビにも効果的な”ビタミンC入り基礎化粧品”を使用すると活性酸素抑制効果が高いので、過剰な皮脂分泌・ニキビの炎症や悪化を防いでくれる働きがあります。
生理時期はイライラとしがちになるかもしれませんが、ストレスは皮脂分泌を盛んにするのでストレスフリーの生活を心がけましょう。
(といっても難しいですが・・・)

生理前に大人ニキビができやすい理由とその対策 まとめ

  • 生理前になると黄体ホルモンが増えて皮脂が出やすくなる
  • ニキビによる炎症が起きやすく、触りがちで菌が増えやすい
  • 保湿をしっかりして、クリームなどの油分は抑える
  • ビタミンCを含め化粧品を使ったり、栄養としてとるのが良い