顎 ニキビ

大人にきびができて「また顎・・・」と感じたことがないでしょうか?

顎にできると目立つし、痛いし辛い。
顎は大人にきびができやすいだというのがわかりました。
ではなぜ顎に大人にきびができやすいのでしょうか?

生活習慣によるホルモンバランスの乱れ

生活習慣によってホルモンバランスが乱れ安くなっているのが顎に大人にきびができやすい理由の1つです。

例えば睡眠不足。
睡眠不足やストレスがたまると、ストレスホルモンのバランスが崩れ皮脂分泌が多くなります。

また避けることができないストレス。
ストレスの影響により生理周期が乱れることが影響して顎に大人にきびができやすくなる理由の1つです。

触りやすい場所にあるため

ホルモンバランスなどが乱れてしまうと男性ホルモンが増えてしまい、皮脂分泌が盛んになってしまいます。
皮脂はニキビ菌を増殖させてしまうので、ニキビができやすくなっているんですが、更に顎は気になった時に触りやすく、そこに汚れや皮脂が増えて大人にきびができやすい環境になってしまうのです。

生理前の黄体ホルモンの増加

女性の体は2種類のホルモンが、生理周期にかかわって順番に優位に働いています。
生理の後から排卵前までは卵胞ホルモンが活発に働き、排卵から生理前までの2週間は、男性ホルモンに似た黄体ホルモンの分泌が盛んになります。

黄体ホルモンが分泌されると、皮脂分泌が活発になって毛穴が詰まりやすくなり、にきびが出来やすくなってしまいます。

 

顎の毛穴は見た目以上に多くなっているので、大人にきびができやすい環境になってしまっています。

油分の多いメイク

大人になってメイクをするようになってから増える顎にきび。
ストレスやホルモンバランスの影響で皮脂が活発になりやすく新陳代謝も低下しているにもかかわらず、基礎化粧品やファンデーションも油分の多いものを使用することが増えてきます。

しかも皮脂分泌が活発になっているうえに、油分の多いファンデーションを塗った状態の肌はにきび菌が大好きな栄養がいっぱいなので、菌の繁殖もかなり盛んに。
そのまま帰宅するまでメイクを落とすことが出来ないことも多いので、その状態のまま10時間以上も過ごすことになってしまいます。

長い時間メイクをし続けているのは大人にきびができやすい肌環境になってしまっている原因の1つです。

洗顔料のすすぎ残し

上記で書いたように化粧品を多く使っていると洗い残しも多くなってしまいます。
顎のくぼみ、裏側などにも残してしまっていることも多く、それがニキビを引き起こす原因となってしまっているんです。

洗いすぎると乾燥肌につながるで良くないですが、まずはしっかりと綺麗に洗い流してあげることが大事。

 

顎に大人にきびができやすいなと感じているなら、少し丁寧に洗顔することを心掛けるようにした方が良いかもしれないです。

顎に大人にきびができやすい理由 まとめ

顎に大人にきびができやすい理由を改めてまとめるとこのようになります。

  • 顎はホルモンバランスの影響が受けやすいため大人にきびができやすい
  • 生活習慣や生理によってホルモンバランスが崩れてこのタイミングにできやすい
  • 部位的に洗顔料の洗い残しをしやすいので、それも影響している

 

このような理由から顎は大人にきびができやすくなっています。
できにくくするために、生活習慣を整え、できるだけ清潔を保てるようにしたいところです。