ストレスニキビ

大人にきびの原因の1つに「ストレス」があります。
ストレスでできた大人にきび = ストレスニキビにはどのような特徴があるのか?について調べてみました。

早速ストレスニキビの特徴を書くとこのような特徴がありました。

 

  • 顎にできやすい
  • 跡が残りやすい

なぜそういった特徴があるのか、理由について書いていきたいと思います。

ストレスニキビが顎にできやすい理由

ストレスがたまった場合に顎にストレスができやすい理由は男性ホルモンにあります。

ストレスがたまったら身体への影響として、男性ホルモンが増えるようになっています。
特に男性ホルモンが顎の部分に集中しやすくなっているのでそこに大人にきびができる仕組みとなっています。

顎に男性ホルモンが集まりやすいのは男性も同じで、顎にひげが生えやすいというのも同じ理由でそうなっているようでした。

ストレスニキビの跡が残りやすい理由

ストレスニキビは跡が残りやすい理由はストレスが慢性的であることが多いからとなっていました。

ストレスが続くことでニキビが治りにくく、何度も繰り返してしまいます。
それが原因となって跡になってしまうということでした。

ストレスニキビの対策方法は?

ストレスニキビ 対策

ではストレスニキビができないようにどのような対策をすればよいのでしょうか?

1番大事なのがストレスを溜めないことにるのですが、具体的には「しっかり睡眠をとる」「運動をする」などしてストレスを取り除き、脳を休ませるということが大事ということでした。

運動とかって大変と思うかもしれませんが、散歩に10分くらい歩くとかでも十分効果があると言われています。

個人的におすすめなのはヨガ。
ヨガ自体が運動ですし、精神安定、スタイルを良くするなどいい効果がたくさんあるなど体の内側からもケアをしてくれます。

最近ではヨガスタジオもおおいので行ってみてはいかがでしょうか??