ウェディングドレス 背中

洗う順番を変え、やさしく丁寧に。

背中ニキビの対策を考えたとき、やはり基本に戻って洗い方から考えなければなりません。

 

体の洗い方などは子供のころから刷り込まれていて、かなり自己流になっている人がほとんどです。
洗う順番についても同じで、あまり深く考えずに過ごしていることが多いので、ここから見直してください。

 

まず、洗髪時のシャンプーの汚れやコンディショナーやトリートメントを流した時、これらの成分が背中にたっぷりと付いてしまいます。

 

コンディショナーやトリートメントは油分やコーティング成分が多いため、髪には良くても肌の毛穴を塞ぐにはもってこいの成分なのです。これが、毎日背中を覆うのでは、背中の皮脂腺もたまったものではありません。洗髪は一番初めにするように心がけなければ、ニキビの完治とは程遠いと心得ましょう。

 

そして、背中はボディタオル等に肌にやさしい洗浄料をたっぷり泡立ててていねいに洗います。ここで注意したいのが、案外洗い残しが出やすい部分があることです。背中の肩甲骨の間や、肩のあたり、そして手の届きにくい真ん中辺りは洗い残しが多い部分です。ていねいに洗いましょう。洗った後は、ていねいに流すことも忘れずに。

乾燥しないように保湿を心がける。

背中のニキビ対策の基本は、清潔にして保湿することです。

 

背中は乾燥して肌が硬くなっている場合が多いので、ウェディングドレスを綺麗に着るためには集中的に保湿ケアをしましょう。
しかし、この保湿も鉱物油たっぷりのボディクリームなどは間違っても使用しないでください。

 

脚や腕の保湿とは違い、水分重視の保湿を心がけましょう。水分不足で皮脂が過剰になると、ニキビになることを忘れずに保湿に励みましょう。肌が柔らかくなるまでは回数を多めに、保湿タイムを作るようにすると効果も早く表れます。
出来ればお風呂上りはたっぷり目に、油分が少なく美容成分が豊富なものをたっぷりと。これがポイントです。

 

背中は顔と違ってケアしにくい部分ですので、ゲル状のものやオールインワンタイプのものだと水分がたっぷり補充され簡単なので、ケアもしやすくおすすめです。

 

>>背中にきび対策ならこれ!