ビタミンC ビタミンC誘導体 違い

ビタミンCとビタミンC誘導体の違いは?

ビタミンCは不安定で吸収されにくいので、浸透しやすいように合成したものがビタミンC誘導体

 

簡単にビタミンCとビタミンC誘導体の関係を書くと上記のようになります。
本来ビタミンCは肌に吸収されにくいのが難点でした。

 

さらに、ピリピリとした刺激があるので肌質も限られたうえに、酸化しやすく化粧品に配合するのは合理的ではありませんでした。
そこで化合物として、吸収しやすくしたビタミン誘導体が開発され、化粧品に配合できる万能美容成分として、一気に広がりを見せるようになりました。

 

ビタミンC誘導体には、水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体がありますが、油溶性ビタミンCは肌の表面に長くとどまることができますが、かえってにきびを悪化させることがあるので注意して使用することが必要です。

 

ビタミンCが浸透しないので誘導体という形を取っているわけですが、ビタミンC誘導体に含まれるビタミンCそのものは意外と少ない1/150程にしかならず、浸透性が高いと思われているものの、その浸透性もそれほど高くはないのです。

浸透力の違いがビタミンCの効果を変える

ビタミンを浸透させることに成功したビタミンC誘導体は、当時は素晴らしい技術として取り上げられましたが、現在になって蓋を開けてみると、ビタミンC誘導体は濃度が低いうえ科学的根拠がないという結果となっています。

 

そこで、合成されていないピュアビタミンCを肌に吸収できる技術があればより効果的なはずなので、それを可能にした最新テクノロジーがあります。特許を取得しているこのテクノロジーで、一気に肌の真皮層までピュアビタミンCを届けることが可能となりました。

 

このように、同じ美容成分でも成分の形と浸透力でかなりの差が出てくるのです。
高濃度というだけでもだめで、浸透力がなければ角質など表面上のトラブルなどには効果があるかもしれませんが、肌を作る真皮層までの浸透力はないので根本からのケアとまではいかないようです。

 

>>高濃度で高い浸透率を保っているビタミンC化粧品はこちら