大人にきび

大人にきびができない強い肌を作る3つのポイント!

やさしく洗顔

大人にきびのケアでも、洗顔が大切なのは言うまでもありません。

 

まず、洗浄力が強すぎない、肌にやさしく皮脂吸着力に優れた洗顔料で汚れやメイクをしっかりと落します。一番の目的は大人にきびの原因の、過剰に分泌された皮脂による毛穴の詰まりをしっかり優しく取り除いてあげることです。

 

洗顔が不充分だと残った毛穴の皮脂汚れが栄養となり大人にきびの原因になってしまいます。
思春期のにきびと違い、殺菌効果が高く、本来のバリア機能まで取り除いてしまうような強い洗浄料は逆効果です。大人にきびでは、乾燥という悪循環に陥ってしまう恐れがありますので注意しましょう。にきび肌は敏感肌と紙一重ともいえるのです。

 

水分で肌を潤す(保湿)

にきび肌は皮脂が多いので潤っていると思われがちですが、大人のにきび肌は水分不足が原因で皮脂分泌が活発になっています。
ですから、水分をたっぷり与え保湿を心がけます。

 

水分が多くバリア機能が保たれていると肌はトラブルに強くなるのです。
この時、油分ではなく水分をたっぷり与えるのがポイントです。化粧水やゲルクリームのような保湿剤を使用し、水分をたっぷり含んだみずみずしい肌を目指しましょう。

 

化粧水の後は、油分が少な目の乳液などを控えめに使用し、せっかく補った水分に蓋をしてしまいましょう。

 

古い角質を除去しターンオーバーを促す

にきび肌は、少なからず角質が厚くなりがちです。
古い角質が溜まると、肌のターンオーバーが乱れ角質が厚くなり、毛穴も詰まりやすくなります。
以前にきび肌に良いというので、ケミカルピーリングがはやりましたが、これも古い角質を除去し角質が厚くなるのを防ぎ、ターンオーバーを促す施術です。

 

しかし、現在はトラブルの少ないマイルドな角質除去が主流と言えるでしょう。
このように、古い角質はにきびの原因ともなってしまいますので、角質を優しく除去してくれる洗顔料やマイルドなピーリング剤でケアしましょう。しかし、肌に負担になったり刺激になるものはくれぐれも避けましょう。そこで、汚れと一緒に古い角質を優しく除去してくれる洗顔料などは、簡単で心強い味方といえそうです。