B-glen Cセラム

ピュアビタミンCを高濃度で配合。独自の浸透テクノロジーで肌の奥まで有効成分を届ける。

ビーグレンのCセラムはピュアビタミンCが成分として使用されています。一般的に化粧品では、ビタミンC誘導体が使用されていることが多いのですが、なぜピュアビタミンCなのでしょうか?

 

以前からビタミンCは、メラニン生成を防いだり、コラーゲンの生成を助けたり、ニキビを防いだりとその効果は広く知られ絶賛されていたのですが、浸透力に問題がありました。
昨今はビタミンCの他にも様々な美容成分が登場していますが、いくら優秀な成分でも肌に浸透していかなければ意味がありません。そこで化合物が作られて、ビタミンC誘導体という形で使われるようになったのです。

 

しかし、ビタミンC誘導体中に溶け込んだビタミンCは低濃度で、科学的な根拠にも乏しいため、ビーグレンのセラムCはピュアビタミンを使用しているのです。

しかし、問題の浸透力にはどのような対応をしているのでしょうか?

ここが、セラムCが他のビタミン配合の化粧品と決定的に違う点でしょう。セラムCはビーグレン独自の特許成分である浸透技術を使い、カプセル化して真皮層にまでビタミンCを届けることに成功しているのです。

 

肌の再生は真皮層が鍵を握っているので、真皮層にマルチな美容成分であるビタミンCが浸透してくれるとは、その効果を期待せずにはいられないほど。
浸透力が高いうえにカプセル化されているということは、濃度を高くすると刺激が強いというビタミンCのデメリット面もクリアしているため肌トラブルの原因とならずに、使用できるのです。

 

シミの原因となるメラニン生成を抑えたり、シワやたるみなどを防ぐ役割のコラーゲンの再生を促進し皮膚再生を助けたりする効果や、過剰な皮脂分泌を抑制してくれニキビを予防してくれる効果、老化防止に一役買ってくれるアンチエイジング効果などの、ビタミンCのプラス面である効果だけを効率的に発揮してくれるのがセラムCと言えるでしょう。