大人にきび 跡 消す

ニキビ跡を消す方法とは?美肌に戻るための3つのステップ!

せっかくニキビが治ったのに、今度は気付くとニキビ跡がポツポツ。これがなかなか消えなかったりします。
ニキビ跡にならないように、気を付けたいところですが、すでにニキビ跡になってしまったものはどうすればよいのでしょうか?
ニキビ跡を消して美肌に戻すには、3つのステップをあきらめずに続けることが大切です。

 

>>ニキビ跡を消し、美肌になるためのビタミンCを高配合した化粧品ならこれ!

角質を落としターンオーバーを促す

まずは、きちんとした洗顔で角質をやさしく落として、肌のターンオーバーを促しましょう。
傷跡なども年齢を重ねるほど治りにくくなります。ニキビ跡も同じように、年齢と共にターンオーバーの周期が長くなってしまいますので、古い角質を除去し28日で生まれ変わる肌の周期に少しでも近づけてあげましょう。ターンオーバーの乱れた肌は古い角質も溜まり、シミやニキビ跡になりやすいことを忘れずに、汚れと共に古い角質をしっかり洗い流しましょう。

何よりもしっかりと保湿!

次に、なんといっても肌に水分を与えて保湿する。これが大切なのです。水分をため込んだ肌は柔軟性に優れ、硬くなったニキビ跡の肌再生を促します。水分不足の硬くなった肌では他の美容液などの浸透も悪くなってしまいます。肌が乾燥してしぼんでいるとシワと同じようにニキビ跡も余計に目立ち、治りにくくなるのです。

大人にきび跡への集中的なケアを行う!

そして、美白効果やコラーゲン生成効果に優れた美容成分などで、色素沈着したニキビ跡や凹凸になってしまったニキビ跡を集中的にケアして、健康な美肌を取り戻しましょう。

 

ニキビ跡は傷の修復と似ています。角質層だけでなく、さらに奥の真皮層まで傷ついていたり、シミになってしまった跡にも表面だけに美容成分を塗ったのでは意味がありません。肌が生まれ変わるもっと内側に入り込んでコラーゲンの生成促したりメラニン色素に働きかけてくれるようなシステムが必要なのです。シミに働きかけたりコラーゲン生成を促進してくれるビタミンCなどの成分で、肌内部にまで浸透してくれるものを使用しましょう。